スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
8、売りの場面 (3)移動平均線
2013-08-05 Mon 21:20
(3)移動平均線

株価チャートで見るのは、ローソク足や出来高の棒グラフのほか、移動平均線という折れ線グラフも目にします。

この移動平均線は、一定期間の株価の終値の平均値を繋ぎ合わせたもので、株価の上げ止まり、下げ止まりを見つける際に使います。

株価の上げ止まり、下げ止まりを見る「抵抗ライン」として使用したり、時には相場の方向性を見たり、売買のタイミングを計る指標としても使われます。

移動平均線には、5日移動平均線、25日移動平均線、75日移動平均線などが使われます。

5日移動平均線は、直近5日分の終値を合計して、5で割った株価に線を結んだもので、移動平均線の期間は日足で5日。

25日移動平均線は日足で25日、75日移動平均線は75日となります。

週足であれば、一定期間で週末の終値を使って同じように計算します。

日足5日、25日、75日は、おおまかには、それぞれ1週間、1ヶ月、3ヶ月くらいの期間ということになります。

また週足では13週、26週、52週が一般的に使われ、それぞれ3ヶ月、6ヶ月、1年程度の期間です。

上昇トレンドにある株価が、移動平均線よりも上に大きく上昇した後、あるところで上昇が止まり、投資家が利益を確定するため売りをかぶせて、下がってきます。

すると、株価は移動平均線に近づき、株価は再び上昇する傾向があります。

その反対に、下落トレンドにある株価が、移動平均線よりも下に大きく下落した後、あるところまで下がると売る投資家がいなくなります。

すると、株価の下げが止まり、上昇に転じます。そして株価が移動平均線に近づくと、上昇が止まる傾向があります。

しかし、移動平均線はあくまでひとつの目安として参考にする程度にとどめるべきです。

なぜなら移動平均線には欠点があるからです。

というのも、移動平均線は、ある一定期間の終値の平均値ですから、なだらかに上昇し続けるとか、なだらかに下落し続けるという相場で用いられるもので、株価が急激に上がったり下がったりする場合には、さほど役に立たないからです。

つまり、株価が急激に上がったり下がったりすると、株価が移動平均線から大きく離れてしまうからです。
別窓 | 株式投資 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
8、売りの場面 (5)デッドクロス(6)移動平均乖離率
2013-08-04 Sun 21:22
(5)デッドクロス

デッドクロスとは、ゴールデンクロスとは反対に、短期の移動平均線が、長期の移動平均線を"上から下に交差(クロス)して抜ける点のことを言います。

デッドクロスは、株価が上昇した後、下落に転じたときにあらわれることから、「株価が天井を打ち、下落に転じるサイン」と言われます。

しかし、デッドクロスも、あくまでひとつの目安として参考にする程度にとどめるべきです。理由については、ゴールデンクロスで述べたとおりのことです。

(6)移動平均乖離率

移動平均乖離率とは、株価が移動平均線からどれくらい離れているかを見る指標です。

終値が移動平均線からどの程度離れているかをパーセント(%)表示の割合に直して示しています。

移動平均乖離率=(終値-移動平均)÷移動平均×100(%)

移動平均乖離率は、株は上がり過ぎれば下がり、下がりすぎれば上がるという考え方に基づいています。

株価が移動平均線から大きく離れたら、上げ止まる。または下げ止まる。といいうように転換するタイミングを計る目的で使用します。

乖離率が-20以下であれば、買い。+20以上であれば売りのシグナルとも言われています。

しかし、移動平均乖離率も、あくまでひとつの目安として参考にする程度にとどめるべきです。

相場全体のトレンドを見ずに、乖離率のみで判断することは失敗の危険性があります。

別窓 | 株式投資 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
(7)売りの場面―結論
2013-08-04 Sun 01:24
(7)売りの場面―結論

ここまで、株式投資における買いと売りを説明してまいりました。おさらいします。

企業業績が好調ならば、株価は上昇し、悪くなれば、株価は下がります。

ですので、中長期的には企業業績が上がる企業を探すことです。この企業の株式に投資をすることです。

この株式に投資した後、株価は2倍、3倍、4倍と上がり続けたとします。ところが、企業業績が下がれば、一転して、株価は下がり始めます。そうなれば、売却して利幅を確保します。これで、儲けが出ます。

その売りの場面は、最高値を付けてから、大引けで、最高値の10%を切って下がったら、何も考えずに、翌日の朝、寄り付きで売ることです。

何も考えずに売ることが大切です。何も考えずに、何の指標も参考にせず、売ることです。

考えたらいけません。迷ったらいけません。専門家や評論家に意見を聞いたらいけません。

移動平均線も、ゴールデンクロスも、参考にしてはいけません。

何も考えずに、最高値を付けてから、大引けで、最高値の10%を切ったら、ただ売ればいいのです。

これが売る場面での極意です。

「相場は相場に聞け」という株式相場の格言あります。

これは株価というものは、非常に多岐にわたり、様々な要因を踏まえた上で取引された結果なのであって、株価こそが正解だということです。

何も考えずに、最高値を付けてから、大引けで、最高値の10%を切ったら、ただ売ればいいということは、すなわち「相場は相場に聞け」を実践するにすぎないということです。

この格言に似たものに、「相場は全てを織り込む」という株式相場の格言もあります。

全ての要因を織り込んで決定されたものが株式相場なのであるならば、「景気」とか「業績」とか、あるいは様々な「経営指標」を参考にすることよりも、相場に聞いたほうがよいということです。

「行き過ぎもまた相場」という株式相場の格言も参考になります。

株価の天井とか、底は、簡単に答えを求めてはいけません。

ありえないと思われるような相場になることもあります。

「もうはまだなり、まだはもうなり」も、株式投資の格言では相当知られています。

投資家の多くが、もうそろそろ天井だろうと思った段階では、まだ高値が残っており、逆にまだ高値があるいう雰囲気の時に天井になってしまうといったことです。

この意味するところは、実際には誰も正確には、株式相場を予想することはできないという相場の難しさと、人気や相場の雰囲気に惑わされないように戒めた格言です。
別窓 | 株式投資 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
9、テーマを決めよう (1)仕手株と材料株
2013-08-03 Sat 20:53
株式投資は、膨大な銘柄がある株式市場から、投資対象を選び出すことになります。

その際に、テーマ性を持って、選び出すことをお薦めします。

このテーマ性というのは、投資する際の基調となる考え方です。

「事業の夢」と言い換えてもよいのですが、大雑把に言えば、材料株における材料と言ってもいいでしょう。

テーマ性とは夢ある事業です。

(1)仕手株と材料株

仕手株と材料株を明確に区別することは難しいのですが、あえて定義すれば、仕手株とは、人為的に作った相場で短期間に大きな利益を得ることを目的して、巨額な投資資金を投入することによって、意図的に株価を大きく吊り上げたり、乱高下するような状態にある銘柄をいいます。

これに対して、材料株とは、株価にプラスの要素を持つ、画期的新製品・新技術の開発などの材料に反応して、株価が大きく上昇している銘柄です。

仕手株は、主に、株価の安い低位株で、空売りが可能で発行株数が少なく、浮動株比率が低い銘柄がターゲットになる事が多いようですが、ターゲットの多くは、優良企業ではなく、企業業績や財務安定性などに問題がありそうな企業のため、注意を要します。

むしろ問題がありそうな銘柄を、あえて仕手筋が探し出して、仕手戦を始める前にひっそりと買い集めているようです。

仕手株と材料株ともに共通するのは、企業業績などの要因よりも需給的要因によって、つまりは「業績云々ではなく株価が上がっているから買いが集まる」という理由で、株価が値上がるのが特徴です。

そして、株価上昇後、最終的には大きく下落するのも特徴です。ですので、売り逃げをしないと大変なことになります。

また仕手株と材料株をあえて区別すれば、仕手株には確たる材料すらなく、値上がりする根拠、裏づけされた要因が何一つないということです。

これに対して、材料株には値上がりする根拠は材料、裏づけされた要因は材料ということです。

ただし、近頃では、仕手株に材料をとってつけた仕手系材料株と呼ばれるものもあるそうです。
別窓 | 株式投資 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
9、テーマを決めよう (2)企業業績や資産とあわせて
2013-08-02 Fri 20:55
(2)企業業績や資産とあわせて

いずれにしても、企業業績や資産と関係なく、投資対象とするのはお勧めできません。まずは、儲けることよりも損をしないことを基本としましょう。

前に見たように、多くの株価は、企業業績と関係なく、群集心理で値動きするようにも見えます。

しかし長期的に仔細に見れば、企業業績や資産と関連して、株価は動いています。

したがって、企業業績が好調ならば、株価は上昇し、悪くなれば、株価は下がります。

ですので、企業業績や資産とあわせて、仕手株ないし材料株が組み合わせれば、株価が急騰して、大きく値を上げる可能性があるわけです。こうして資金効率の点で、儲けの最大化が計られます。
 ここで、そうした投資対象となる株式を発見するために、テーマ性が重要になってきます。
別窓 | 株式投資 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
9、テーマを決めよう (3)テーマ性―環境
2013-08-01 Thu 21:00
(3)テーマ性―環境

まずは、株式市場の大きな柱となる可能性があるテーマ性は、環境です。

アメリカのオバマ大統領就任後の経済政策は、第1弾として省エネ対策により250万人のグリーン雇用創出構想を打ち出しました。

この環境エネルギー政策は、グリーン・ニューディール政策と呼ばれました。

この政策は、雇用創出と環境・エネルギー政策を結びつけたもので、再生可能エネルギーへは、10年間で1500億ドルを投資し、雇用の創出は500万人と見込みました。

就任後、今までには、期待されたほどの効果が出ておりませんが、しかし環境は市場の大きな柱となるテーマ性を持ったものといえます。

特に、オバマ新政権がぶち上げたグリーン・ニューディールの中核をなすのが景気対策法の一環としてのスマートグリッド関連です。

ここに注目してみると、今後一段と成長していくと見られる太陽光や風力などは、その発電量が天候や気候に左右されます。

それゆえ非常に不安定なため、電力の流れを供給側・需要側の両方から制御し、最適化できる送電網が必要となることから、ITと環境の融合ともいえる、この次世代送電網、スマートグリッドが必要となるわけです。

日本でも進められています。

そうとなれば、太陽光発電、リチウムイオン二次電池、スマートグリッド関連のメーカーなどは注目です。

アルプス電気は、官民ファンド投資第1号で新会社設立しました。すなわちアルプス電気と東北大学が共同研究を進めて、電気自動車や次世代送電網(スマートグリッド)向けの電子部品事業を手がけます。

リチウムイオン二次電池は、エコカーなどの交通機関の動力源として実用化が進んでおり、電力の平準化やスマートグリッドのための蓄電装置としても期待されています。

また、トヨタ自動車をはじめ、ハイブリッド自動車や電気自動車の電子部品、完成品メーカーにも注目が集まります。

この他の環境関連注目株としては、旭化成が二酸化炭素を原料とするポリカーボネート製法で先端を走っております。

温室効果ガス排出量を2020年までに25%削減で、アメリカや中国を巻き込むことができれば、市場が世界中に広がる可能性があります。

また、三菱重工業は英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルと発電所から出る大量の二酸化炭素(CO2)を回収して油田に送り込み、原油を増産するプラントを開発、事業化する予定でいます。

環境関連銘柄は、電子部品、電機、自動車関連から、建設、石油、化学、精密工業、ガスなど、裾野が広く、枚挙に暇(いとま)がありません。
別窓 | 株式投資 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
9、テーマを決めよう (4)テーマ性―リニア中央新幹線
2013-08-01 Thu 06:01
(4)テーマ性―リニア中央新幹線

次に、株式市場の大きな柱となる可能性があるテーマ性は、リニア中央新幹線です。

2014年度中の着工を予定しており、もうそこまでやってきています。

計画では、時速500キロで走行する超電導リニアモーターカーによって、東京を起点に、甲府市付近、名古屋、奈良市付近を主な経過地として、大阪を終点としています。

まずは、東京と名古屋間を2027年の先行開業し、最速で40分で結ぶ予定でいます。東京から大阪までの全線開業は、2045年の予定でおり、東京 - 大阪間を最速67分で結ばれることになります。

注目銘柄は、事業主体であるJR東海をはじめ、リニア車両の日本車両、大手ゼネコンなどがあります。

大林組、鹿島、大成などがトンネルをくり貫くシールドマシンによる掘削工事でしのぎを削っています。

そのほか、電機メーカーのTOAは、中国高速鉄道の駅舎放送システムや、羽田空港の再拡張に放送設備の納入をしており、注目銘柄です。
別窓 | 株式投資 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
9、テーマを決めよう (5)日本の技術力は高い
2013-08-01 Thu 05:05
(5)日本の技術力は高い

ソニー、パナソニックなど日本のハイテク産業が、韓国や中国の競合企業に敗れて、景気の悪いニュースがマスコミに報じられています。

ソニーは4年連続の赤字、パナソニックは過去最大の7000億円超の赤字など、日本のモノづくりは大丈夫なのだろうかと、日本列島に暗雲が垂れ込めています。

韓国のサムスン電子には、「規模の経済」による低価格競争で敗れました。アメリカのアップルには、製品差別化で敗れました。

しかし、その製品の中身は、日本の電子部品が多く使われております。

モノづくり日本は、高い技術力で世界の先端を走っており、技術力の高さという強みは、まだまだ落ちてはいません。

ただ、急激な円高ウォン安などに見舞われ、激しい市場変化に対して、その対応についていけないだけのことです。

今、日本の輸出関連企業は必死に対応しています。

ということは、原材料などの輸入関連企業は、円高で相当儲けていることになりますが、このことは余りニュースにはなっていません。
別窓 | 株式投資 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
9、テーマを決めよう (6)特許件数は世界一の水準(7)日本株は強い
2013-08-01 Thu 03:07
(6)特許件数は世界一の水準

特許行政年次報告書というのがあります。特許庁が、知的財産の現状を把握するために、情報を収集・分析し、公表しています。

これによれば、特許出願件数は、1998年に、日本が40.2万件。2位のアメリカの24.2万件を大きく引き離して、世界一の水準でした。

そのとき、中国は3.7万件、韓国は7.6万件、欧州は8.2万件でした。

その後も日本は40万件以上を維持し、それをアメリカが追い上げ、ついに2006年、日本はアメリカに抜かれました。

2009年には、アメリカが45.6万件、日本は34.9万件、中国が31.5万件と、日米中の3国が競い合っています。

それでも日本の技術意欲は、まだまだ衰えていない世界トップレベルです。

なお、特許は出願しても、すべて審査されるわけでなく、審査請求して、初めて審査されます。審査請求は、出願件数のおよそ3分の1程度で、特許として認められるのは、それ以下となっているようです。


(7)日本株は強い

日本は韓国や中国に抜かれて、もうダメとか、よく聞かれますが、技術力の高さが強みであることは、特許件数の多さでも証明されていると思います。

先行きの不透明感により、日本株は低迷を続けていますが、PBR、配当利回りなどの点からしても、日本株が割安であることは、明らかです。
別窓 | 株式投資 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
あいち戦国姫隊3姫が卒業
2013-03-31 Sun 20:56
o046.jpg
本日、3月31日、あいち戦国姫隊が徳川園に出陣なさった。

o016.jpg
本日、3月31日、あいち戦国姫隊のうち、於大さま、お市さま、吉乃さまの3姫は、本日をもって卒業なさる。

o08.jpg
1年8か月、皆を楽しませてくれて、お礼申し上げる。

o74.jpg
於大様はさすがはプロの女優。芝居がうまい。

o016.jpg
卒業は終わりではなく、新たな人生の始まり。

o046.jpg
いつまでも応援するでね。

o016.jpg
於大様。

o08.jpg
ホンにお姫様の於大様。

o1.jpg
この日をもって、於大様の演武は見られない。

o00.jpg
いつまでもどこまでも応援するでね。
別窓 | 旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
BACK | 満ちると欠ける〈恋と月〉(^ε^)-☆Chu!! | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。