スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
新年初めての満月は雨
2008-01-23 Wed 09:33
1月22日は満月。

夜空を眺めて月を見て楽しむつもりが、新年初めての満月は、雨・・

冬なのに、春の夜空に浮かぶ、おぼろ月のようでした。

万葉の世界では、「すばらしい月」は満月。

恋人との出逢(あ)いは、満月に歌われるといわれていますよ。

万葉の時代には、夜の娯楽は、夜空を眺めて、輝く星と月を楽しんだのかもしれません。

毎夜毎夜、眺める月は徐々に満ちていって、満月になると欠けていきます。

この満ちては欠け、欠けては満ちる月を、万葉の女性たちは、恋心に重ねあわせていたのかもしれません。

月読(つくよみ)の 光りに来ませ あしひきの 山きへなりて 遠からなくに
【湯原王(ゆはらのおほきみ)・万葉集】

意味は、月(つき)の光をたよりに来てくださいな。山で隔(へだ)てて遠いというわけではないですから。

満月はこれから欠けていきます。

気分は失恋モードに突入です。
スポンサーサイト
別窓 | 恋から愛へ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<2月21日は満月です | 満ちると欠ける〈恋と月〉(^ε^)-☆Chu!! | 月読の光りに来ませ>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 満ちると欠ける〈恋と月〉(^ε^)-☆Chu!! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。