スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
闇夜に月は神秘的
2008-01-13 Sun 20:23
万葉集に詠まれているもので、朝日を歌った歌よりも、月の歌って、ほんとに多いです。

どうしてなのでしょう?

特に女性の歌は、多くが恋にまつわるものです。

お昼の太陽が陽であるのに対して、夜の月は陰。

動的な太陽に、静的な月。

これが月を女性になぞらえるのかもしれません。

東に太陽が昇れば、希望の光。

西に沈めば、最期の輝きを見せて、夜となります。

闇夜に月は、神秘的。

夜、独りでいると、どことなく切なく、人恋しくなるかもしれません。

これですかね。

月と女性の関係では、特に女性の生理も、月の周期とほぼ同じだとか、新月と満月の日は、大潮、陣痛が起きやすく、出産件数も多いようです。

満ちては欠ける月に、女性の思いが託されているのでしょう。

1月22日(火)は、しし座で満月ですよ。

久方の天つみ空に照る月の失せなむ日こそ我が恋止まめ
(万葉集)

意味は、この天空に光り輝く月が消えてなくなる日まで、私のあなたへの恋心は消えません、ということ。
スポンサーサイト
別窓 | 恋から愛へ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<眉根掻(か)き日長く恋ひし  | 満ちると欠ける〈恋と月〉(^ε^)-☆Chu!! | 吾が恋咲かず>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 満ちると欠ける〈恋と月〉(^ε^)-☆Chu!! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。