スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
半田市にある中埜酢店・ミツカン
2011-12-25 Sun 19:54
DSC00132.jpg
半田市にある中埜酢店・ミツカンへクリスマスの今日、行ってまいりました。

DSC00126.jpg

お酒は、出来上がったときよりも、もう少し時間がたたないとうまくないそうです。

DSC00127.jpg

お酒というと、兵庫県・灘、京都がよく知られていますが、実は愛知県でも新潟県でも東北でも盛んです。

ところが、新潟県や東北地方は冬、雪で覆われ、江戸へは交通が遮断され、灘、京都から酒が都から江戸に下ったそうです。

ですから、新潟や東北、愛知は下らない。くだらない酒だったそうです。くだらない話で恐縮です。

さて、中埜酢店が江戸時代、何故、日本酒の製造後に残る酒粕を用いて酢を作ったのか。

それは、日本酒の製造後に残る酒粕をそれまで捨てていたから、それを再利用できないものか、ということで、始めた新規事業でした。

この作った酢は、米を用いた酢より安価であったため、江戸庶民に今日のような寿司が普及する要因となったようです。

当時、江戸では立ち食いの屋台のようなお店で、庶民が寿司を食べていたそうですが、こうした寿司屋さんは、街のあちこちにあったそうです。
DSC00128.jpg

作り上げた酢は船に乗せ、半田の運河から江戸へ運ばれたようです。

DSC00129.jpg

工場内。

DSC00130.jpg

工場内。

DSC00131.jpg

工場外観。江戸時代の建物ですが、真ん中の小さな入口は、引き戸ではなく、自動扉、ハイテクです。

なお、酢はアミノ酸の成分が含まれ、毎日スプーン1杯程度、体が入れると健康によいそうです。そのほかダイエットとしても効果があるそうです。
スポンサーサイト
別窓 | スローフード | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<武将のふるさと愛知を知るモニターツアー | 満ちると欠ける〈恋と月〉(^ε^)-☆Chu!! | 一人きりのクリスマス>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 満ちると欠ける〈恋と月〉(^ε^)-☆Chu!! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。