スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
新月に鵜飼
2011-08-01 Mon 00:07
鵜飼は、もともと満月の夜にはやりません。

それが岐阜長良川などで、今から50年ほど前から、商売上、観光業として、満月でも、行われるようになったようです。

満月に鵜飼のないその訳は、満月の月明かりにより篝火に鮎が集まりにくいためといわれます。

今では街の照明、車のヘッドランプで、夜に明かりのないことはありません。

鵜飼の楽しみは、鮎と鵜の駆け引き。

それには、明かりのない夜が一番です。

7月31日は新月。

鵜飼は月の明かりもない新月が一番です。

新月には、そのパワーは大きいと言われおり、願い事を紙に書いて、新月を浴び、願いをかなえると言いますが、効果があると言われています。

岐阜県関市の奥長良川にある小瀬鵜飼は、今に残す古き鵜飼です。

小瀬鵜飼・・・・・・・宮内庁式部職  十八代目鵜匠
http://www.ccn2.aitai.ne.jp/~akane/
スポンサーサイト
別窓 | 月(moon) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ささしまライブ24地区 | 満ちると欠ける〈恋と月〉(^ε^)-☆Chu!! | 最高の自分になれることが愛>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 満ちると欠ける〈恋と月〉(^ε^)-☆Chu!! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。