スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
久能山東照宮と亡き母親
2010-02-16 Tue 10:05
一昨年亡くなった母親の足跡をたどろうと、過日、一人で静岡までスポーツカーでぶっ飛ばした。

http://ameblo.jp/rakuyen/entry-10436542628.html

お袋は久能山東照宮へ2度行っている。

一度目はご近所の方々と海岸下から石段をひとつずつ登った。

http://blog.livedoor.jp/kyoiku2/archives/50296293.html

2度目は、晩年、兄夫婦と3人で日本平ロープウェーを使った。

お袋はめんげらしい人だった。

子供頃聞かされた久能山東照宮は、徳川家康から始まり、歴史ドラマを見ているようで、話が分かりやすかった。

そんなことからぜひとも、行ってみたかった。

お袋は、勝気で負けず嫌い。

驚くほど悔しがるところはアスリートで、言い出したら、どんな理屈をつけても曲げない譲らないところは政治家だった。

それでいて、他人への気遣い、心配り、他人への配慮は長けていた。

それゆえ弱い者いじめはしない。他人への悪口には便乗しない。

皮肉、嫌味には、反抗心の炎を燃やして、立ち向かう。

姉妹喧嘩の際、お袋の妹は、お袋をさして「天皇陛下」と呼んだ。

周りは、誰一人、お袋の悪口は言わず、気を使ったものの言い方をするから。

http://blog.livedoor.jp/kyoiku2/archives/50269454.html

久能山までドライブして、お袋のことがしきりに思い出された。

スポンサーサイト
別窓 | 旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<最高の自分になれることが愛 | 満ちると欠ける〈恋と月〉(^ε^)-☆Chu!! | 我が家の庭工事>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 満ちると欠ける〈恋と月〉(^ε^)-☆Chu!! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。