スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「国家安康」と「君臣豊楽」の方広寺鐘銘事件
2011-12-31 Sat 22:59
okazaki1.jpg
徳川家康=写真左=は狡猾、老獪。

okazaki2.jpg

豊臣家に因縁をつけ、言いがかりをつけて、淀殿(茶々)とその息子、秀頼をなお追いつめる。

関ヶ原の戦いで勝利した家康は、方広寺鐘銘事件を利用した。

京都・方広寺にある鐘銘の「国家安康」「君臣豊楽」の文字に、家康は、いちゃもんをつける。

豊臣氏は家康の勧めで慶長19年(1614年)4月に方広寺を再建しており、8月3日に大仏殿の開眼供養を行うことにした。

ところが幕府は、方広寺の梵鐘の銘文中に不適切な語があると供養を差し止めた。

問題とされたのは「国家安康」と「君臣豊楽」の文字。

「国家安康」は、国の政治が正しく安定している、という意味に過ぎないのに、「家」と「康」が離れていることで、難癖をつけ、「君臣豊楽」は上は領主から下は庶民に至るまで豊かな生活を楽しむ、という意味だが、これまた難癖をつけ、豊臣を君主とし、家康及び徳川家を冒瀆し、不敬であるとするものであった。

大河ドラマ「江」をご覧になった方は、分かることだが、家康の狡猾外交は、さらに度を増す。

豊臣氏は、家老・片桐且元と鐘銘を作成した文英清韓を駿府に派遣し弁明を試みたが、家康は会見すら拒否し、逆に清韓を拘束し、且元を大坂へ返した。

且元は、秀頼の大坂城退去などを提案し妥協を図ったが、豊臣氏は拒否。

そして、豊臣氏が9月26日に且元を家康と内通しているとして追放すると、家康は豊臣氏が浪人を集めて軍備を増強していることを理由に、豊臣氏に宣戦布告した。

かくして、大坂冬の陣。

豊臣10万人。食料も10年分もある。

東西と北は、堀が30メートルと深く水が張ってあり、難攻不落とされる。

一方、家康は20万人からなる大軍で大坂城を完全包囲した。

心理戦争で、夜、深夜、早朝、一斉に勝ち鬨をあげさせ、さらに外国製の大砲300で城に向け発砲し、淀殿らを脅した。

落城の恐怖に怯えた淀殿は和睦することを申し出て、家康もそれを了承したが、家康の狡猾外交はまだ終わらない。

和議の条件は大坂城の総堀の埋め立てと二の丸、三の丸の破壊。 ついには、大坂城は本丸だけを残す無防備な裸城となり、豊臣滅亡は時間の問題となった。

大坂夏の陣で、秀頼と淀殿は自害した。

DSC00195.jpg

徳川家康が嫌いで、豊臣秀吉が好きな日本人が多いのも、このことからでしょう。

DSC00169.jpg

あいち戦国姫隊・於大の方(おだいのかた)
スポンサーサイト
別窓 | 旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
八丁味噌のカクキュー
2011-12-25 Sun 21:46
dDSC00205.jpg

岡崎城から西へ八丁行くと、ここ八丁味噌のカクキューとなります。

dDSC00206.jpg

dDSC00207.jpg

dDSC00208.jpg

広い工場です。

dDSC00209.jpg

大きな工場です。

dDSC00210.jpg

dDSC00211.jpg

dDSC00212.jpg

dDSC00213.jpg

dDSC00214.jpg

八丁味噌の串カツを食べました。

dDSC00215.jpg
別窓 | 旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
あいち戦国姫隊のお姫さまと岡崎城
2011-12-25 Sun 21:33
DSC00200.jpg

いよいよ岡崎城へ。

DSC00201.jpg

岡崎城天守閣へあいち戦国姫隊のおお姫様と一緒に参りました。

DSC00202.jpg

武将隊もお供しました。

DSC00203.jpg

DSC00204.jpg
別窓 | 旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
岡崎城・家康館
2011-12-25 Sun 21:18
DSC00194.jpg
>岡崎城・家康館で、この人だれ?

DSC00195.jpg

DSC00198.jpg

DSC00199.jpg
別窓 | 旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
グレート家康公「葵」武将隊の演武
2011-12-25 Sun 21:11
DSC00183.jpg

岡崎城のある岡崎公園、入り口。

DSC00184.jpg

家康館。

DSC00185.jpg

グレート家康公「葵」武将隊の演武。

DSC00186.jpg

DSC00187.jpg

DSC00188.jpg

DSC00189.jpg

DSC00190.jpg

DSC00191.jpg

DSC00192.jpg

DSC00193.jpg
別窓 | 旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
あいち戦国姫隊と行く大樹寺
2011-12-25 Sun 21:04
DSC00178.jpg

徳川氏(松平氏)の菩提寺である大樹寺。岡崎城の真北に位置します。

DSC00179.jpg
ここから岡崎城が見えるということでしたが、肉眼ではよく分かりませんでした。

DSC00180.jpg
岡崎城を根城にするグレート家康公「葵」武将隊もお供していただきました。

DSC00181.jpg
あいち戦国姫隊と行ってまいりました。

DSC00182.jpg
江さまとまつさま。
別窓 | 旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
お姫様とイベントを楽しむ
2011-12-25 Sun 20:56
本日はクリスマス、岡崎城へ向かうバスの中で、お姫様とイベントを楽しむ企画。途中、雪が降り、ホワイトクリスマスとなりました。

DSC00172.jpg

まつさまが隣に座りました。

DSC00173.jpg

ドキドキにございまする。

DSC00174.jpg

吉乃さま。

DSC00174.jpg

美しゅーござる。

eDSC00175.jpg

おねさまでござる。美しゅーおなごでござる。

eDSC00176.jpg

まつさまはクイズ大会で、大活躍でござる。

DSC00177.jpg

まつさまも美しゅーござる。
別窓 | 旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「最初はごう、じゃんけんポイ」と江さま
2011-12-25 Sun 20:47
aDSC00168.jpg

江(ごう)さまが「最初はごう、じゃんけんポイ」と言っております。バスの中で、お姫様とじゃんけん大会をしました。

「右に見えますのが畑でございます」と、江さまは、バスガイド顔負けのガイドです。

DSC00169.jpg

於大さま。

DSC00170.jpg

3姫とお別れ。バスから写しました。

DSC00171.jpg

別窓 | 旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
バスの乗り込んだお姫様・武将のふるさと愛知を知るモニターツアー
2011-12-25 Sun 20:39
☆戦国の世から甦った6人の姫「あいち戦国姫隊」と行く、武将のふるさと愛知を知るモニターツアー!
<家康誕生編>

DSC00163.jpg

お姫様がバスに乗り込んで、クイズ大会。その模様です。

DSC00164.jpg

DSC00165.jpg

江(ごう)さまです。

DSC00166.jpg

DSC00167.jpg


aDSC00168.jpg

じゃんけん大会の模様。江(ごう)さまが「最初はごう、じゃんけんポイ」と言っております。
別窓 | 旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
武将のふるさと愛知を知るモニターツアー(2)
2011-12-25 Sun 20:30
DSC00145.jpg

お姫様の演武の模様。

DSC00146.jpg

DSC00147.jpg

DSC00148.jpg

DSC00149.jpg

DSC00150.jpg

DSC00151.jpg

DSC00152.jpg

DSC00153.jpg

DSC00154.jpg

DSC00155.jpg

DSC00156.jpg

DSC00157.jpg

DSC00158.jpg

DSC00159.jpg

DSC00160.jpg

西浦温泉・葵の女将のご挨拶。

DSC00161.jpg

DSC00162.jpg

写真の上でクリックすると、拡大します。
別窓 | 旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
武将のふるさと愛知を知るモニターツアー
2011-12-25 Sun 20:17
☆戦国の世から甦った6人の姫「あいち戦国姫隊」と行く、武将のふるさと愛知を知るモニターツアー!
<家康誕生編>

DSC00133.jpg

西浦温泉・葵の全景。ホテルの入り口で、お姫様がお待ちのサプライズです。

aDSC00134.jpg

お姫様がズラリと並んで、お出迎えです。

DSC00135.jpg

・・・?この人、誰?

DSC00136.jpg

お姫様。

DSC00137.jpg

幕が開きます。

DSC00138.jpg

お姫様の演武の始まり始まり。

DSC00139.jpg

こんな至近距離で。お姫様が見られます。

aDSC00140.jpg

演武というより、歌と踊りのミュージカルです。

DSC00141.jpg

aDSC00142.jpg

お姫様が舞台からはみ出して、ファンのすぐ目の前まで近づきます。

DSC00143.jpg

DSC00144.jpg
別窓 | 旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
半田市にある中埜酢店・ミツカン
2011-12-25 Sun 19:54
DSC00132.jpg
半田市にある中埜酢店・ミツカンへクリスマスの今日、行ってまいりました。

DSC00126.jpg

お酒は、出来上がったときよりも、もう少し時間がたたないとうまくないそうです。

DSC00127.jpg

お酒というと、兵庫県・灘、京都がよく知られていますが、実は愛知県でも新潟県でも東北でも盛んです。

ところが、新潟県や東北地方は冬、雪で覆われ、江戸へは交通が遮断され、灘、京都から酒が都から江戸に下ったそうです。

ですから、新潟や東北、愛知は下らない。くだらない酒だったそうです。くだらない話で恐縮です。

さて、中埜酢店が江戸時代、何故、日本酒の製造後に残る酒粕を用いて酢を作ったのか。

それは、日本酒の製造後に残る酒粕をそれまで捨てていたから、それを再利用できないものか、ということで、始めた新規事業でした。

この作った酢は、米を用いた酢より安価であったため、江戸庶民に今日のような寿司が普及する要因となったようです。

当時、江戸では立ち食いの屋台のようなお店で、庶民が寿司を食べていたそうですが、こうした寿司屋さんは、街のあちこちにあったそうです。
DSC00128.jpg

作り上げた酢は船に乗せ、半田の運河から江戸へ運ばれたようです。

DSC00129.jpg

工場内。

DSC00130.jpg

工場内。

DSC00131.jpg

工場外観。江戸時代の建物ですが、真ん中の小さな入口は、引き戸ではなく、自動扉、ハイテクです。

なお、酢はアミノ酸の成分が含まれ、毎日スプーン1杯程度、体が入れると健康によいそうです。そのほかダイエットとしても効果があるそうです。
別窓 | スローフード | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
一人きりのクリスマス
2011-12-24 Sat 21:21
クリスマスソングと言えば、一人きりのクリスマスは、やっぱり山下達郎でしょ。
http://youtu.be/Kfm-xprpk3g

クリスマスなんて、いらないなら、「恋人たちのクリスマス」。
http://www.youtube.com/watch?v=MB2N-uEaDQ0

戦争なき平和を祈るクリスマスなら、John Lennon の Happy Xmas でしょ。
http://youtu.be/yN4Uu0OlmTg

きっと君は来ない、クリスマスを迎える、あなた、また、一人でしたか?

クリスマス・ソング聴きましょ。

別窓 | 恋から愛へ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
大須へ行ってまいりました
2011-12-23 Fri 19:08
DSC00122.jpg

本日、大須へ行ってまいりました。

DSC00120.jpg

アミカという業務用食品スーパーがありました。

DSC00121.jpg

その駐車場です。

DSC00125.jpg

いらんものはコメ兵へ売ろう。大きな建物です。

DSC00123.jpg

中古品を扱うには、お洒落な店構えです。

DSC00124.jpg

南北を通る商店街から見たコメ兵。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
夜の柳橋に輝くサンタクロース
2011-12-05 Mon 22:55
クリスマスが近づいてきました。

ジングルベルの曲が街に流れ始めると、もう1年の終わりが近づいたなあと実感しますね。

DSC00118.jpg

名古屋駅から東へ広小路通りを歩くと、柳橋の交差点が見えてきます。

サンタクロースのとトナカイのネオンが、夜の名古屋・広小路通りに輝いていました。

DSC00119.jpg

見ているだけでも、楽しくなりますね。

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
名駅散策
2011-12-03 Sat 22:55
本日、名駅前を散策しました。

a1DSC00117.jpg


名古屋駅前の旧松坂屋名駅店が閉鎖され、ただ今、高層ビルの建設に着工しています。

a1DSC00114.jpg

プラドの入居しているビルからタワーズを望む。

a2DSC00115.jpg

プラドのお店です。

a1DSC00112.jpg

カラオケ・ビッグエコーが去る11月下旬にオープン。背景のビルは、ミッドランドスクエアですよ。

DSC00113.jpg

赤い看板がカラオケ・ビッグエコー。1階、1階、3階・・何階まで、ビッグエコーだろうか。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
若鯱屋のカレーうどん
2011-12-02 Fri 23:05
DSC00111.jpg


名古屋市中区錦三丁目に、カレーうどんの上手い「若鯱屋」といううどんのお店があります。

夜のネオン街の錦三にあり、訪れるお客様も様々。

深夜まで営業していますが、むしろ夕方の夕食時のほうが、来店客が少ないようです。

ここでは、カレーうどんがよく知られていますが、ほかにもセットメニューがあり、ライスもおかわり、大盛りも値段が並盛とかわらず、お値打ちです。


別窓 | グルメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 満ちると欠ける〈恋と月〉(^ε^)-☆Chu!! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。