スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
家庭食≒中食≒外食の関係
2009-11-19 Thu 20:27
外食産業は、1970年代に登場。市場規模を拡大し、2兆円から30兆円まで膨らんだ成長産業だった。

ところが1980年代後半のバブル経済から一転、坂を転がり落ちるように、衰退産業へと低落傾向を見せる。

2003年に25兆にまで落ち込み、飲食業界を取り巻く環境は厳しい。

飲食業は参入障壁がほとんどなく、ノウハウを持たなくても、比較的容易に、誰でも事業に参入できる。

それゆえ競争が激しく、開店しては廃店していく多産多死の業態となっている。

ここで注意しておくことは、飲食店を始めようという方が参考とする飲食業でも成功事例や成功体験は、それがいつの時期か、ということ。

バブル頂点の前か後かでは、まるで状況や外部環境が違う。

右肩上がりの成長期なら、衰退期の今には当てはまらない。

図式にすると、バブル頂点前≠バブル頂点後

くれぐれも、飲食についてのハウトゥー本や、専門家のアドバイスは、いつの時期か、を確認しておいたほうがいい。

厳しい飲食業界の中でも、中食(なかしょく)産業は、売り上げを伸ばしており、注目。

とはいえ、成長産業の中食にあって、「コロッケのコロちゃん」(岐阜県・恵那市)は倒産しており、単品で、かつ海外に市場を求めるなど、顧客ニーズに合わない事業展開が命取りになった。

戦略を誤ってはならない。

家庭食、中食、外食の関係は、以下のようになる。

家庭食(スーパーで野菜、食材など購入)≒中食≒外食

繁盛店の飲食店があっても、弁当屋やコンビニが出店すれば、たちどころに飲食店は廃店に追い込まれるリスクがある。

また、弁当、惣菜などが増えれば、家庭での調理が少なくなり、食品スーパーの売上に影響する。

ただし、スーパーは中食を取り込めば、野菜、食材の落ち込みをカバーできる。

家庭食≒中食≒外食の関係は、食品スーパーと中食、外食の競争関係にある。
スポンサーサイト
別窓 | 飲食店経営 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ラムセス2世は妻30人以上
2009-11-18 Wed 15:41
映画「最後の独裁者」で出演したマダムフセインの妻は、日本人妻・小野小町、エジプトのクレオパトラ、そして中国の楊貴妃・・

このほか、と話を続ける前に、古代エジプトの、お話を。

紀元前1314年頃から紀元前1224年、古代エジプト第19王朝のファラオは、ラムセス2世。

このファラオ・王様は、妻30人以上、子供100人以上を産んだといわれる。

へー、頑張ったんだ。ハーレム状態。

マダムフセインは、このラムセス2世の記録を破るべく、世界3大美女のほか、世界中から妻を集めた。

マダム・フセイン共和国には、宮内庁ならぬ、子宮庁があって、この子宮庁が美女を集め、統括する。

その数、徳川・大奥女中をはるかに上回る、ン万人。

そこには、「マダムお喜び組」が組織され、美女の中でも、また美女が集められる。

で、また何で、子宮庁?

それは、国家は、女性の子宮から生まれるという、またケッタイナ国家像があるから。

マダムフセイン大統領は、ラーメン教徒です。

あの、これー、映画「最後の独裁者」の中での、話でありますから、ね。

脚本で終わった話でして、映像化しませんでした。
別窓 | 男と女 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
食は健康の源ー五味五色五法
2009-11-17 Tue 20:24
和食 の定式に五味五色五法というものがある。

「五味」とは、甘、酸、辛、苦、それに鹹(かん)、鹹とは塩辛いこと。

「五色」とは、白、黄、赤、青、黒のこと。黒には濃い紫を含む。

「五法」とは生、煮る、焼く、揚げる、蒸すという調理法を指す。生は生の食感を活かす。

日本食とはこれくらいデリケートな料理。

素材の持ち味を生かしながら、味、香り、色を大事にし、春夏秋冬の季節感をも重視し、材料の旬にも気を配る。

さらに、料理を盛り付ける器も、料理によって或いは季節によって、色、形、材質について配慮する。

色については、青の食材はないはず。緑のことだろう。

地球が誕生して、植物が生命を持ったとき、すべての植物は緑色であり、唯一の色だった。

この緑の食べ物は、主に体の調子を整えるとされる。

また、人類が最初に意識した色である赤い食べ物は、主に体の血や肉を作るといわれる。

黄色い食べ物はエネルギーになるとされる。

チャールズ・R・ダーウィンの「種の起源」によれば、その葉緑素は「植物の化学作用である変種や変異で、新しい色が進化した」という。

藻類が海から地上に進出したときに強烈な紫外線から身を守ったのが、抗酸化力という色の防御システムだった。

果実は未成熟の緑色をしているとき光合成を行い、成熟すると、カロテノイドやアントシアニンが生成され、赤、黄、紫に変化する。

この色素の抗酸化力は種を守り、同時に色づくことで、赤い色が識別できる鳥が種子を運ぶことが出来るように、食べてもいいというシグナルを送っている。

鳥だけでなく、赤色は、昆虫、動物、人間などにも食べてもいいというサインを送っているのだった。

こうして果実の色は、種の保存を図っている。

赤い果実がなぜ赤いのか、その理由は種の保存。

植物が種を切らさない、子々孫々の繁栄のためだった。

それを人間が食材として食べ、すべての生物に生きることに貢献している。

いただきます。ご馳走様。

すべの生物は、自然の恵みに感謝です。

五味五色五法は中国 の陰陽五行や薬食同源の考え方を源流に、日本に伝わり、独自にアレンジされたもの。

食は健康の源。五味五色五法は食のバランスをよく考えている。
別窓 | マクロビオティック | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
食のルネッサンス・スローフード
2009-11-16 Mon 20:17
食のルネッサンス・スローフードについて、まとめました。

 ☆  ☆

スローフードは「食」を通して新しい時代の価値を考えるもので、古き良き食文化を現代に甦らせる、いわば食のルネッサンス。

食の文化復興運動として、食の楽しみを人類へ呼び戻そうとする活動でもある。

1986年、イタリア北部の小さな町ブラに住む食文化雑誌の編集者、カルロ・ペトリーさんが「アルチ・ゴーラ」という美食の会を作ったことが、スローフードの始まりだった。

この時期、ローマにマクドナルド1号店が進出するにあたり、街の景観が損なわれることを危惧した市民による騒動があった。

と同時に、地元ならではの食文化が損なわれないのかということもあって、ファーストフードに対抗する「スローフード」として、草の根の活動から広がった。

今では世界中に広がり、日本でも全国に活動拠点を置く。

この活動には、3つの指針がある。

一つは、姿を消しつつある郷土料理や質の高い小生産の食品を守ること。

二つは、質の高い素材を提供してくれる小生産者を守っていくこと。

三つは、子供たちを含めた消費者全体に、味の教育を進めていくこと。

地域を愛する、地域の魅力を見つめ直す、地産地消をすすめるスローフード。

日本でも、「地産地消」とともに、スローフードという新しい時代文化が浸透しつつある。

「地産地消」は、消費者の食に対する安全・安心志向の高まりを背景に、消費者と生産者の相互理解を深める取組みとして期待されているが、もともと北海道の農業関係者が「地域生産、地域消費」のことを略して用いて、それが全国に広がった。

「地元で生産されたものを地元で消費する」という意味で、特に農林水産業の分野で使われている。

消費者が近くて作られているものを食べる、消費する。

生産者にしてみれば、食べる人の近くで作るということ。

スローフードも、地元の郷土文化、土着の食文化やつながりを基礎にしており、地産地消の理念と共通している。

全てがスピードや企業利益を優先させてきた「ファーストライフ」の結果をもたらした食の均一化が今の日本の食文化にも見られる。

それは単に食の均一化だけでなく、添加物や農薬による食の環境の変化、自然環境への負担なども引き起こしているかもしれない。

ファーストライフをスローに転換してはどうかというのが、スローフードという言葉にこめられた提案であろう。

ファーストフードの対極がスローフード、食のルネッサンスでもあるわけですね。
別窓 | スローフード | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
多産多死の飲食店経営
2009-11-15 Sun 20:32
少し古い資料ですが、総務省の01年調査によると、全国の飲食店の数は約79万5000店にのぼるようです。

ですが飲食店経営は多産多死にあえぐ厳しい世界です。


金さえあれば簡単に出店できますが、継続して利益を出していくのは、かなり難しい業態です。

ですから、安易に出店することなく、よく吟味して出店してほしいと心から願っています。

なぜ飲食店の廃業率が他の業態に比べ、高いのか私自身考えてみました。

飲食店のノウハウが分からなくても、簡単に出店できるから。

長年トラックの運転手をして飲食店経営の経験が無くとも、簡単に出店する例が見受けられます。

プロ野球選手が引退して、飲食店を経営することもありますが、その経験はなくても成功している例は多いようにも聞いています。

ですが、プロ野球選手の出店した飲食店にはお客様が集まるでしょう。

でも無名な人が出店して、どうかと思います。

半年でも飲食店で働けば、飲食店でのノウハウや課題が見えてきます。

それからでも遅くは無いのに、気が焦るから、何も分からないまま、建築会社や不動産会社、厨房販売会社に任せ切りにして、その餌食になるだけで、失敗する例がまた後を絶たない例が多々見受けられます。

事業にリスクはつきものですから、せめてプロに聞くなり、経験を積むべきだと思います。

気合と熱意だけで飲食経営は成功しないのです。

プロは飲食業界に長く携わり、失敗も成功もしている経営者。

調理人、料理人ではないのです。

だが飲食店経営者は本当のことを教えるわけがありません。

フードコンサルタントも業としているところは有料です。

大手外食産業と違い、独立開業する個人にはなじまず、適しません。

厨房販売での相談は無料というところがありますが、注意しなければいけないのは、厨房を売りたいがためのコンサルタントかどうかという点を、よく見極めることです。

飲食店経営を目指す方にぜひとも成功していただくよう願っています。
別窓 | 飲食店経営 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
グーグルの機能は素晴らしい
2009-11-15 Sun 00:00
右端にある「恋から愛へads」のバナー広告が、このずっーとユニセフになっています。

これは、日記で「結婚○○女の周囲で続く不審○」を書いて公開したときから、こうです。

○○としたのは、広告主が嫌がる言葉だからでしょう。

これ、グーグルなんですけど、グーグルの機能は素晴らしいものです。




別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
宮尾登美子さんが文化功労者
2009-11-14 Sat 19:38
高校の1年後輩に、先祖が代々遊郭を引き継ぎ、親がソープランドを経営していた女子生徒がいたようだった。

このことを同級生の男子後輩から聞かされたが、高校の担任が家庭訪問した際に、父母から「先生、どうぞ楽しんでいってください」とソープを促されたとかいううわさ話が、まことしやかに流布していた。

作家の宮尾登美子さんがこのほど文化功労者を受賞された。

文化勲章とは違うようだが、年金を亡くなるまで年間350万円、国から受けるという。

こんな制度とは、つゆと知らなかった。

宮尾登美子さんの父親は戦前、遊郭を経営。

遊女が男と絡む。

これに宮尾さんは嫌悪を抱いて、父親との葛藤が凄まじいものであったことは自叙伝で書いている。

僕は読んでいないが、松たか子が主人公の宮尾登美子を演じるテレビドラマは見た。

職業に貴賎はないとはいえ、生理的に父親の職業には、どうしても受け入れられない。

父親から離れたくて、好きでもない、どうでもいい男と結婚。

そして離婚。

そして再婚して、郷里の高知から逃れるように上京した。

周りから好奇の目で見られたであろう高校の後輩女子には、どんな思いがよぎっていたであろう。

亡き母親は読書家で、本棚には、有吉佐和子、上坂冬子、そして宮尾登美子など女流作家の作品がぞろぞろ並ぶ。

宮尾登美子さんの自叙伝は、お袋から聞かされた。

その描写がまた映画のドラマを見ているようで、一つ一つのシーンが目に浮かび、それはそれは名脚本家だった。

だから、テレビドラマでのシーン1つ1つが、まるでお袋が描写した通りに移っていくようだった。

明日、亡き母のところへ会いにお寺に行くことになっている。

手を合わせて、お経を聞くことになっている。

亡くなって、もう1年と4ヶ月近くにもなるのか・・

寂しいなあ・あ・あ・あ・・
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
婚活サイトにご注意(1)
2009-11-13 Fri 19:40
以下、ネットでのニュースです。

 西日本に住む婚活歴5年の男性会社員(43)は、店舗型の結婚相談所などの登録料に300万円以上使った。ネット婚活については「登録料が月約3000円と格安で、だれにも知られずに活動できる」と評価している。

 国勢調査を基にした統計によると、05年の男性の生涯未婚率は約16%で20年前より約12ポイントも上昇。一方、女性の初婚年齢は20年前を3.58歳上回る29.42歳で、男性の未婚、女性の晩婚化は急ピッチだ。未婚でいる理由は「適当な相手がいない」が約43%(経済産業省調査)と最も多かった。

 相手を知るためのメール交換は、善意が前提。無職女は「尽くします」などの文言で気を引いたとされる。男性会社員は「相手がうそをついているかは、わからない」と話したが、NPO法人「花婿学校」(名古屋市)代表の大橋清朗さんは「容姿で即断された昔と違い、(メールがある)今はだまそうと思えばメールは有効なツール」と言う。

 婚活の名付け親、山田昌弘・中央大教授によると、35~44歳の未婚男性は約200万人。うち女性との交際経験がない人は2割もいる。大橋さんは「未婚中年男性はだまされやすい。相手を見つけた人は舞い上がり、一人で判断する傾向が強く、振り込め詐欺の被害者と似ている」。ネットに詳しい評論家、荻上チキさんは「結婚詐欺は昔からあるが、ネットで間口が広がった」と指摘した。

 一方、消費者相談窓口には「ネットで知ったお見合いパーティーに参加したら、1~2割の男性が既婚者だった」などの苦情や相談も寄せられている。

(毎日新聞 - 11月12日 22:52)


舗型の結婚相談所などの登録料に300万円以上使ったとは、あれ~~。

月3000円と格安とはいえ、ネットでの婚活サイトにはくれぐれご注意です。
別窓 | 男と女 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
婚活サイトにご注意(2)
2009-11-13 Fri 18:47
無料サイト「集まれ独身者」は、ボランティアで運営されています。

ご安心いただけます。
http://smcb.jp/group/11023

パスワードとID入力で参加できます。

★コミュニティ説明★

訪問していただいた方に「精一杯の有難う」です。

まったりと ゆる~い「独身の会」です。

男と女の皆(みんな)がハッピーになる会を目指します。

メンバーが増えれば、オフ会、ドライブ、旅行、スポーツ観戦、ダンス、イベント企画、自由など、しましょう。

資格は独身者であること。

こんな方は、どうぞ!

★根暗の方、シラケの方、自分の内面に目を向けて、自分の殻に閉じこもり、内向的な方。

★人の目を気にして、建前で動く方。

スポーツ観戦して大きな声を上げて応援したり、子供になってダンスをしたり、お笑いを見て、無理してみんなが笑うときに笑いましょう。

★虚勢を張り、素直さがなく、人を意見を聞かない方。非協調的で、感謝を知らない方。

★周りと合わせようとせず、自分中心なため、仲間から浮き上がる方。

人の言うことに従って、「はい」「ありがとう」という言葉を意識的に数多く使って、素直に人の意見を聞き、感謝を覚え、ハッピーになりましょう。

別窓 | 男と女 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
結婚詐欺女の周囲で続く不審死
2009-11-06 Fri 22:01
カネのためなら、人を騙すことなど平気。

カネのためなら、人殺しだろうが、何だってやるとは、誠におぞましい女。

埼玉県警に無職の女(34)=東京都豊島区が結婚詐欺の疑いで逮捕された。

この女の周囲で男性の不審死が相次いでいる。

20人の男と接触、このうち4人が不自然な死を遂げたというから、おどろおどろしい。

テレビ、新聞では言わないが、「かなえキッチン結婚詐欺」は、ネット情報を読む限り殺人の可能性が濃い。

容疑者の実名も、すでにネットでは広く知られており、フジテレビのニュースでは、○嶋(○島)佳苗と、実名報道していたそうだ。

ニュースによるとーーー。

「34歳婚活詐欺女 顔と実名を出さない理由を聞いた」

最近ワイドショーの話題を席巻した感のある「34歳婚活詐欺セレブ生活女」と周辺男性の不審死事件だが、ごく一部のメディアを除き、実名はまったく出てこない。

顔写真に関しては、東京スポーツが一面で高校時代の写真をドーンと出したことはあったが、ほとんどはモザイク付きだ。

通常、容疑者であれば顔出し&実名報道をするものだがメディアは一様に「34歳の女」と横並びになっている。

詐欺容疑で逮捕されているわけだから、その段階で出しても良いのでは? とも思うのでそこを雑誌記者に聞いてみた。

「今回の件では、男性の不審死事件をセットで報じていることが問題なのです」

その心は何か?

もし、不審死の件がシロだったら、結果的に詐欺罪だけの容疑者をあたかも殺人罪の容疑者と連想させるように報じたこととなる。

それは人権侵害になるし、将来的な訴訟に繋がりかねないというのだ。

それを避けるために、殺人容疑で逮捕されるまでは顔と実名を出さないことにしたのだという。

☆  ☆

男性の不審死事件をセットで報じていることが、顔出しできないということであれば、詐欺だけで報じたらどうなの?

この先、このような結婚詐欺が起きないように、未然に防止する意味で、実名で暴き、顔出しして、社会的制裁を浴びることが、犯罪の抑止効果があると思うけど・・

またそうしないと、結婚詐欺はしても実名で報道されず、顔写真も公開されないならば、犯罪としてはたいしたことでなくなり、結婚詐欺がこれから増えることになりやしないのか・・

結婚詐欺に利用されたサイトも迷惑を蒙ったが、一番の被害者は、犠牲になられた男性。

次に、健全な利用者。

出会いは、独身者が集う趣味の会などを利用されてはどうか。
別窓 | 男と女 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
季節感のある和食
2009-11-04 Wed 13:04
夏は暑く、冬は寒い。

春になれば、緑色の新芽が吹き、秋になれば、その葉は黄、赤と色づき、そして枯れて葉が落ちます。

日本の四季は、日本を感じさせます。

俳句にも、季語があり、実は和食にも季節感があります。

春、夏、秋、冬・・

季節の移り変わりとともに、食材も変化していきます。

アユは秋とか、サカナの成長ともに、です。

和食は自然と調和しているんですね。

このお店は、窓越しに眺める小さな庭も、四季によって変えていきます

この繊細な気遣い・・

このお店に伺った2回目のときです。

出された茶碗蒸しのふたを開けると、丸いものが浮かんでいました。

1回目のときは、確か半円だった。

2回目の今夜は、満月・・

1回目の夜は、半月だったのだろうか・・

「これは満月に合わせて、丸いのだろうか」と、若奥様にふと漏らしたら・・

食通で知られる「北大路魯山人」のように思われたかもしれません。

実にしなやかで凛とした、ご年配の大奥様がご挨拶に来られ、畳に手を添え、深々と礼をされました。

★月の本質は満月です

満月に半月・・

誰もこんなところに気にも留めないのに、それでも、このこだわり、その気遣いに、料理人の妥協を許さない完ぺき主義を見る思いでした。

このお店は、ミシュランの三つ星になっていませんが、マダムにとっては五つ星のお店です。
別窓 | 月(moon) | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
終の住処(ついのすみか)
2009-11-01 Sun 10:52
09年度上半期の芥川賞は、「終の住処」。

上半期の、というと、年2回あるの?

「終の住処」は、ギクシャクした夫婦の「長い時間」がテーマ。

サラリーマンが30歳を過ぎて情熱がないまま結婚する。

妻は不機嫌。

やがて夫は浮気。

お互いに11年間、口を利かないこともあった。

それなのに、いつまでも家族であり続ける。

作者の磯崎健一郎さんはこう語る。

「性格や価値観が違って不和に見えても、長い間ずっと一緒にいたら大きな意味と重みを持ってくる。そうした夫婦の関係を描きたかった」と。

気の合う夫婦ならいいケド、顔を見たくない夫婦もいる。

それでも大きな意味と重みとは、一体それって何?

何だか分かったような分からないような・・

この小説、読んでもいないのに読んだ気になってしまった。
別窓 | 男と女 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 満ちると欠ける〈恋と月〉(^ε^)-☆Chu!! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。