スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
新年初めての満月は雨
2008-01-23 Wed 09:33
1月22日は満月。

夜空を眺めて月を見て楽しむつもりが、新年初めての満月は、雨・・

冬なのに、春の夜空に浮かぶ、おぼろ月のようでした。

万葉の世界では、「すばらしい月」は満月。

恋人との出逢(あ)いは、満月に歌われるといわれていますよ。

万葉の時代には、夜の娯楽は、夜空を眺めて、輝く星と月を楽しんだのかもしれません。

毎夜毎夜、眺める月は徐々に満ちていって、満月になると欠けていきます。

この満ちては欠け、欠けては満ちる月を、万葉の女性たちは、恋心に重ねあわせていたのかもしれません。

月読(つくよみ)の 光りに来ませ あしひきの 山きへなりて 遠からなくに
【湯原王(ゆはらのおほきみ)・万葉集】

意味は、月(つき)の光をたよりに来てくださいな。山で隔(へだ)てて遠いというわけではないですから。

満月はこれから欠けていきます。

気分は失恋モードに突入です。
スポンサーサイト
別窓 | 恋から愛へ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
月読の光りに来ませ
2008-01-23 Wed 00:05
新年初めての満月。

遠く平安時代には、夜になっても、ネットもなければ、テレビもありませんでした。

現代と比べ、夜の娯楽は何もない中で、夜空を眺めて、輝く星と月を楽しんだのかもしれません。

毎夜毎夜、眺める月は徐々に満ちていって、満月になると欠けていきます。

この満ちては欠け、欠けては満ちる月を、万葉の女性たちは、恋心に重ねあわせていたのかもしれません。

月読(つくよみ)の 光りに来ませ あしひきの 山きへなりて 遠からなくに
【湯原王(ゆはらのおほきみ)・万葉集】

意味は、月(つき)の光をたよりに来てくださいな。山で隔(へだ)てて遠いというわけではないですから。
別窓 | 恋から愛へ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
月夜に独りかも寝む
2008-01-22 Tue 00:00
春日山霞たなびき情ぐく照れる月夜に独りかも寝む
【坂上大嬢(さかのうえのおおいらつめ)・万葉集】

意味は、春日山に霞がたなびき、私の心もふさいでいる。月がせっかく明るく照っている夜なのに、独り寝するのは淋しいことよ。

この歌は、坂上大嬢が大友家持(おおとものやかもち)に贈った歌。

雪の上に 照れる月夜に 梅の花 折りて贈らむ 愛(は)しき児(こ)もがも
(大伴家持)
http://rakuyen.blog72.fc2.com/blog-entry-66.html

万葉の世界では、「すばらしい月」は満月。

恋人との出逢(あ)いは、満月に歌われるといわれます。

美しい月夜で、共寝ができるはずの夜なのに、恋人の訪れがなく、独りで寝なければならない夜。

逢えない悲しみを満月を見て、切ない恋心を歌ったのでしょうか?

1月22日は満月です。

夜空を眺めて月を見るつもりです。
別窓 | 恋から愛へ | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
カレーの中村屋
2008-01-20 Sun 13:51
インドのラス・ビハリ・ボースは「過激なテロリスト」か。

ボースをテロリストと見るのはイギリス政府の立場。

何せインド総督を爆殺しようとしてイギリス政府から懸賞金がかけられたお尋ね者だから。

だがインド民衆の立場では、独立の志士として、独立運動の英雄となっている。

テロリストかヒーローかは、歴史、立場変われば見方も違う。

日本に亡命したボースは、日英同盟を結んでいた日本政府から国外退去に追い込まれていたが、世論は反発。

カレーの中村屋がかくまうことになった。

そこで連絡係に英語の出来る相馬俊子に白羽の矢が立った。

身を潜めて育んだ愛が結婚に至ったという。

日印の世紀の大恋愛の物語が誕生した。
別窓 | カレー | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
過ぎるとイイ女いない
2008-01-15 Tue 18:09
40過ぎると、イイ女、ホントいないですね。

ハ・ハ・ハ・・(笑い)

あの~、32歳は切り上げ40歳ですので、そこはよろしく。

ハタチのころの女の子は、みんな可愛いのに・・

恥じらいはどこに消えたの?

わがままも、40歳過ぎると、ズケズケと厚かましく、ただのズーズーしいだけ。

おばさん、オバタリアンよ、少しは周りのイイ女を見習って、女を磨け!と言いたいです。

ときめき感、どきどき感・・

オバタリアンに、この情感豊かな心の潤い、人生の潤い、というものがあるのだろうか?

そこはかとなく艶やかで、細やかな気遣い、心遣いが40歳過ぎの女に足らないのです。

まあ、同じことが男にもいえますけど。
別窓 | 男と女 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
眉根掻(か)き日長く恋ひし 
2008-01-14 Mon 19:46
「万葉集」には「月」を詠んだ歌が159首あるそうです。

花の中で最も多い萩の歌は137首、ほととぎすの歌は154首、これと比べてみても、月の歌がいかに多いことか。

月立ちて ただ三日月の 眉根掻(か)き 日長く恋ひし 君に逢へるかも
【坂上郎女(さかのうえのいらつめ)・万葉集】

意味は、月がまた生まれて出てくる時の、三日月のような私の眉(まゆ)を掻(か)いたからでしょうね。長くお会いできなかった恋しいあなたに会えたんですもの。

眉(まゆ)を掻(か)くと、人に会えるという迷信があったそうですが、もう逢えるか、もう逢えるかと長らく焦がれていた人に、ようやく逢えるという嬉しさ、そんな情景が浮かびます。
別窓 | 恋から愛へ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
闇夜に月は神秘的
2008-01-13 Sun 20:23
万葉集に詠まれているもので、朝日を歌った歌よりも、月の歌って、ほんとに多いです。

どうしてなのでしょう?

特に女性の歌は、多くが恋にまつわるものです。

お昼の太陽が陽であるのに対して、夜の月は陰。

動的な太陽に、静的な月。

これが月を女性になぞらえるのかもしれません。

東に太陽が昇れば、希望の光。

西に沈めば、最期の輝きを見せて、夜となります。

闇夜に月は、神秘的。

夜、独りでいると、どことなく切なく、人恋しくなるかもしれません。

これですかね。

月と女性の関係では、特に女性の生理も、月の周期とほぼ同じだとか、新月と満月の日は、大潮、陣痛が起きやすく、出産件数も多いようです。

満ちては欠ける月に、女性の思いが託されているのでしょう。

1月22日(火)は、しし座で満月ですよ。

久方の天つみ空に照る月の失せなむ日こそ我が恋止まめ
(万葉集)

意味は、この天空に光り輝く月が消えてなくなる日まで、私のあなたへの恋心は消えません、ということ。
別窓 | 恋から愛へ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
吾が恋咲かず
2008-01-12 Sat 13:40
深雪さんは雪深い北国から、秋の終わり、雪の降る冬にやってきて、狂歌?和歌?をマダムに届けていただきました。

その歌をここにまとめました。

 x  x

次々と 紅葉葵は 開けども 吾が恋咲かず 哀れ散り果て(深雪)
しんみり、しょんぼり、しっとりと心に響きます。(マダム)


追うと逃げ 熱するとさめ 変身の 恋は魔物か 妖怪変化 (深雪)

確かに確かに、男と女の間には、好きだけど嫌い、嫌いだけど好きといった、アンビバラントなビミョーな感情があります。
「追うと逃げ 熱するとさめ」言い得て妙です。(マダム)


絶望な 恋の望みを 君知るや 札幌の街 火影潤みし (深雪)

深雪さんは道産子なんですね。フレーフレー日本ハム!!(マダム)


あなたには 心に刻む 魅力あり 危険な遊び あなたの定め (深雪)
Me? (マダム)

箱入りの 可愛い娘 悪男 引き擦り込んで 阿婆擦れ女 (深雪)
うふふ・・(マダム)


天翔ける 姫と呼ばれし 我が身には ネット世界を 縦横無尽 (深雪)

いつもお待ちしております。(マダム)


遠ざかる 多感な時を 忍耐で 焦がれ待っても 薄れ行く愛 (深雪)

深雪さん、歌いつもありがとう、です。多情多感な時も、はや過去。日ごと遠くになりつつあります。(マダム)


聡明な 紫式部 上品に 上手平安 生きて愛され (深雪)

1000年前であっても、恋に悩み、人に愛されることは、永遠に続いていますね。(マダム)


哀しみに 寄り添う吾を 君知るや 貴方の夢が 甘美なるなら (深雪)

夢がかなうよう努力します。いつもいつも素晴らしい短歌を有難うございます。(マダム)


祭礼の 夜に知り合い 愛し合う 若い二人に 慶事喜び (深雪)

最後となる歌の一つ前の歌。この歌をいただいたときは、気が付きませんでした。この歌の意味を知ったのは、それから随分後の事でした。(マダム)

見栄坊で 気取り屋男 金掛けて 探し回りし 不老不死薬 (深雪)

深雪さんの最後の歌でした。この歌を最後に、毎日待っていても、歌は来ませんでした。そして突然、結婚報告とご主人さんとのツーショット写真を見て、・・祝福しました・・(マダム)


さてさて、深雪さんは雪深い北国から、秋の終わり、雪の降る冬にやってきて、暖かくなる春を迎える前、冬の終わりに去っていきました。

オホーツクの海の向こうにでも行ったのだろうか?


なお、狂歌とは、皮肉、滑稽を盛り込み、いわば、短歌(和歌)のパロディのことです。
別窓 | 恋から愛へ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
満ちると欠ける「恋と月」
2008-01-10 Thu 20:21
「恋と月(enjo桜井食品応援団)」は、2008年を迎え、タイトルを「満ちると欠ける『恋と月』」に変更しました。

これまでは、「食の安全・安心」を中心にカキコしていましたが、これからは「恋と月」を中心に更新していくつもりです。

よろしくお願いします。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 満ちると欠ける〈恋と月〉(^ε^)-☆Chu!! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。