スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ラムセス2世は妻30人以上
2009-11-18 Wed 15:41
映画「最後の独裁者」で出演したマダムフセインの妻は、日本人妻・小野小町、エジプトのクレオパトラ、そして中国の楊貴妃・・

このほか、と話を続ける前に、古代エジプトの、お話を。

紀元前1314年頃から紀元前1224年、古代エジプト第19王朝のファラオは、ラムセス2世。

このファラオ・王様は、妻30人以上、子供100人以上を産んだといわれる。

へー、頑張ったんだ。ハーレム状態。

マダムフセインは、このラムセス2世の記録を破るべく、世界3大美女のほか、世界中から妻を集めた。

マダム・フセイン共和国には、宮内庁ならぬ、子宮庁があって、この子宮庁が美女を集め、統括する。

その数、徳川・大奥女中をはるかに上回る、ン万人。

そこには、「マダムお喜び組」が組織され、美女の中でも、また美女が集められる。

で、また何で、子宮庁?

それは、国家は、女性の子宮から生まれるという、またケッタイナ国家像があるから。

マダムフセイン大統領は、ラーメン教徒です。

あの、これー、映画「最後の独裁者」の中での、話でありますから、ね。

脚本で終わった話でして、映像化しませんでした。
スポンサーサイト
別窓 | 男と女 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
婚活サイトにご注意(1)
2009-11-13 Fri 19:40
以下、ネットでのニュースです。

 西日本に住む婚活歴5年の男性会社員(43)は、店舗型の結婚相談所などの登録料に300万円以上使った。ネット婚活については「登録料が月約3000円と格安で、だれにも知られずに活動できる」と評価している。

 国勢調査を基にした統計によると、05年の男性の生涯未婚率は約16%で20年前より約12ポイントも上昇。一方、女性の初婚年齢は20年前を3.58歳上回る29.42歳で、男性の未婚、女性の晩婚化は急ピッチだ。未婚でいる理由は「適当な相手がいない」が約43%(経済産業省調査)と最も多かった。

 相手を知るためのメール交換は、善意が前提。無職女は「尽くします」などの文言で気を引いたとされる。男性会社員は「相手がうそをついているかは、わからない」と話したが、NPO法人「花婿学校」(名古屋市)代表の大橋清朗さんは「容姿で即断された昔と違い、(メールがある)今はだまそうと思えばメールは有効なツール」と言う。

 婚活の名付け親、山田昌弘・中央大教授によると、35~44歳の未婚男性は約200万人。うち女性との交際経験がない人は2割もいる。大橋さんは「未婚中年男性はだまされやすい。相手を見つけた人は舞い上がり、一人で判断する傾向が強く、振り込め詐欺の被害者と似ている」。ネットに詳しい評論家、荻上チキさんは「結婚詐欺は昔からあるが、ネットで間口が広がった」と指摘した。

 一方、消費者相談窓口には「ネットで知ったお見合いパーティーに参加したら、1~2割の男性が既婚者だった」などの苦情や相談も寄せられている。

(毎日新聞 - 11月12日 22:52)


舗型の結婚相談所などの登録料に300万円以上使ったとは、あれ~~。

月3000円と格安とはいえ、ネットでの婚活サイトにはくれぐれご注意です。
別窓 | 男と女 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
婚活サイトにご注意(2)
2009-11-13 Fri 18:47
無料サイト「集まれ独身者」は、ボランティアで運営されています。

ご安心いただけます。
http://smcb.jp/group/11023

パスワードとID入力で参加できます。

★コミュニティ説明★

訪問していただいた方に「精一杯の有難う」です。

まったりと ゆる~い「独身の会」です。

男と女の皆(みんな)がハッピーになる会を目指します。

メンバーが増えれば、オフ会、ドライブ、旅行、スポーツ観戦、ダンス、イベント企画、自由など、しましょう。

資格は独身者であること。

こんな方は、どうぞ!

★根暗の方、シラケの方、自分の内面に目を向けて、自分の殻に閉じこもり、内向的な方。

★人の目を気にして、建前で動く方。

スポーツ観戦して大きな声を上げて応援したり、子供になってダンスをしたり、お笑いを見て、無理してみんなが笑うときに笑いましょう。

★虚勢を張り、素直さがなく、人を意見を聞かない方。非協調的で、感謝を知らない方。

★周りと合わせようとせず、自分中心なため、仲間から浮き上がる方。

人の言うことに従って、「はい」「ありがとう」という言葉を意識的に数多く使って、素直に人の意見を聞き、感謝を覚え、ハッピーになりましょう。

別窓 | 男と女 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
結婚詐欺女の周囲で続く不審死
2009-11-06 Fri 22:01
カネのためなら、人を騙すことなど平気。

カネのためなら、人殺しだろうが、何だってやるとは、誠におぞましい女。

埼玉県警に無職の女(34)=東京都豊島区が結婚詐欺の疑いで逮捕された。

この女の周囲で男性の不審死が相次いでいる。

20人の男と接触、このうち4人が不自然な死を遂げたというから、おどろおどろしい。

テレビ、新聞では言わないが、「かなえキッチン結婚詐欺」は、ネット情報を読む限り殺人の可能性が濃い。

容疑者の実名も、すでにネットでは広く知られており、フジテレビのニュースでは、○嶋(○島)佳苗と、実名報道していたそうだ。

ニュースによるとーーー。

「34歳婚活詐欺女 顔と実名を出さない理由を聞いた」

最近ワイドショーの話題を席巻した感のある「34歳婚活詐欺セレブ生活女」と周辺男性の不審死事件だが、ごく一部のメディアを除き、実名はまったく出てこない。

顔写真に関しては、東京スポーツが一面で高校時代の写真をドーンと出したことはあったが、ほとんどはモザイク付きだ。

通常、容疑者であれば顔出し&実名報道をするものだがメディアは一様に「34歳の女」と横並びになっている。

詐欺容疑で逮捕されているわけだから、その段階で出しても良いのでは? とも思うのでそこを雑誌記者に聞いてみた。

「今回の件では、男性の不審死事件をセットで報じていることが問題なのです」

その心は何か?

もし、不審死の件がシロだったら、結果的に詐欺罪だけの容疑者をあたかも殺人罪の容疑者と連想させるように報じたこととなる。

それは人権侵害になるし、将来的な訴訟に繋がりかねないというのだ。

それを避けるために、殺人容疑で逮捕されるまでは顔と実名を出さないことにしたのだという。

☆  ☆

男性の不審死事件をセットで報じていることが、顔出しできないということであれば、詐欺だけで報じたらどうなの?

この先、このような結婚詐欺が起きないように、未然に防止する意味で、実名で暴き、顔出しして、社会的制裁を浴びることが、犯罪の抑止効果があると思うけど・・

またそうしないと、結婚詐欺はしても実名で報道されず、顔写真も公開されないならば、犯罪としてはたいしたことでなくなり、結婚詐欺がこれから増えることになりやしないのか・・

結婚詐欺に利用されたサイトも迷惑を蒙ったが、一番の被害者は、犠牲になられた男性。

次に、健全な利用者。

出会いは、独身者が集う趣味の会などを利用されてはどうか。
別窓 | 男と女 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
終の住処(ついのすみか)
2009-11-01 Sun 10:52
09年度上半期の芥川賞は、「終の住処」。

上半期の、というと、年2回あるの?

「終の住処」は、ギクシャクした夫婦の「長い時間」がテーマ。

サラリーマンが30歳を過ぎて情熱がないまま結婚する。

妻は不機嫌。

やがて夫は浮気。

お互いに11年間、口を利かないこともあった。

それなのに、いつまでも家族であり続ける。

作者の磯崎健一郎さんはこう語る。

「性格や価値観が違って不和に見えても、長い間ずっと一緒にいたら大きな意味と重みを持ってくる。そうした夫婦の関係を描きたかった」と。

気の合う夫婦ならいいケド、顔を見たくない夫婦もいる。

それでも大きな意味と重みとは、一体それって何?

何だか分かったような分からないような・・

この小説、読んでもいないのに読んだ気になってしまった。
別窓 | 男と女 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
恋愛達人の世界史
2009-05-19 Tue 12:32
上村くにこさんの「恋愛達人の世界史」という本があります。

受験勉強の世界史は、全然面白くないケド、こんな世界史の本なら、楽しい。

著者からの内容紹介によると・・

古代ギリシア人は恋愛を「突然の災難」と定義し、ローマ人は「モテるためのマニュアル」を著した。

中世に不倫と同義語であった恋愛は、近代になると結婚のためのプロセスとして位置付けられた……。

「遠距離恋愛のルーツは十字軍」
「シーツ1枚隔てて何もしちゃダメ??中世の恋愛試験」
「ちょいワルおやじの元祖はドンファン」
「19世紀にもいた逆玉オトコ」など、
57のエピソードで、男と女の3000年の歴史をたどる。

本書を読めば、恋愛のルールが見えてくる!

とある。

ギリシア神話のゼウスから、現代に甦った恋愛の騎士「冬のソナタ」のヨン様まで、男と女が繰り広げてきた恋愛の3000年史を、 58のエピソードでたどる恋愛史。

愛に生きた先人の知恵に「恋の処方箋」を探る。

☆恋愛は12世紀から・・

へー。あるイスラム教徒たちは、独身女性はベールで顔を隠して、家族でない男は、その女性の素顔を見ることが出来ません。

これでは、恋愛できないし、不倫したら、さあ大変。

ムチで叩かれますがな。

独身者であっても、今でも恋愛できません。

インド、スリランカでも、独身男女が手をつないでデートするなど稀です。

日本でも、戦前、恋愛するする男女は稀、デートするようになって、まだ100年経っていません。

☆ホモが当たり前・・

日本でも、戦国時代、森蘭丸などの側近は男娼として、お殿様にお遣えしていたのです。
http://blog.livedoor.jp/woman1/archives/50206964.html

恋愛勉強は、受験勉強より実は難しいかもしれないですね。

というのは、男と女の間には、「コントロールできない感情が生まれるみたい」と言うけれど、勉強して解答が出せないもの。

☆  ☆

追うと逃げ 熱するとさめ 変身の 恋は魔物か 妖怪変化

な~んですよ。
別窓 | 男と女 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
マイケル・ジャクソンと森蘭丸
2009-05-17 Sun 14:54
上村くにこさんの「恋愛達人の世界史」という本があります。

今でこそ恋愛は自由ですが、この書によれば、中世には不倫と同義語であったそうです。

知られざる恋愛について、ホモが当たり前・・だったとか。

日本でも、戦国時代、森蘭丸などの側近は男娼として、お殿様にお遣えしていたのです。

以前ブログで書いた「マイケル・ジャクソンと森蘭丸」を再掲します。

☆  ☆

アメリカの人気歌手のマイケル・ジャクソンは、子供に性的虐待をしていたのか。

裁判所に向かうマイケルは、テレビカメラに向かって、親指を立てて、何だろう?

無実だと訴えているのか、マスコミを挑発しているのか、性的虐待が事実なら、反省の色なし。

だが、かりにマイケルが小児性愛だとしても、驚くことはない。

時代が変わっても、国が違っても、日本の戦国時代にもそうしたことはあった。

織田信長だって、小児性愛者であったらしく、森蘭丸などの側近は男娼として置いていたといわれているが・・

因みに小姓(こしょう)というのは、昔、貴人のそば近く召し使われて種々の雑用を受け持った者。

多くは少年で、男色の対象ともなったともいわれるが、時代劇などでよく殿様の後ろに刀を持って控えている少年がそれ。

その時代の小児性愛は、武将のたしなみのひとつであり、嫌な少年には迷惑なことだが、粋な性的指向でもあったとされる。

一般的に蘭丸は美貌の小姓として有名で、男色のお相手というイメージが強いために、信長の寵童として見られがちだが、その実像はよく分からないというのが真相のようだ。

森蘭丸は明智光秀の謀反に事前に気付いていたが、信長に注進しても相手にされなかったという。

明智光による本能寺の変。

森蘭丸は斬られる。享年18歳。

アメリカでは、性犯罪者から子供達を守る「ミーガン法」も制定されているが、マイケル・ジャクソンが小児性愛者なら、その該当者になろうか。

別窓 | 男と女 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「もっと働けクズ!」と殴る蹴るが妻から夫へ(4)
2009-05-05 Tue 12:56
昨年1年間に全国の警察が認知した配偶者暴力(ドメスティックバイオレンス、DV)の件数は、前年比20・1%増の2万5210件。

統計を始めた平成13年以降最高となったという。

3月12日、警察庁のまとめ。

世の中が不景気と関係あるのかなあ・・

摘発は前年比4・4%増の1650件で、傷害871件、暴行504件の順に多く、殺人も77件あった。

殺人までエスカレートしているとは・・

このうち女性は98・4%にあたる2万4808人に上ったという。

ほとんどが被害者は女性。

加害者と被害者の関係は、「婚姻関係」が1万8460人で73・2%で最多。

被害者の年齢別では、30代が9133人(36・2%)、40代が5567人(22・1%)、20代が5354人(21・2%)で、20~40代で全体の約8割を占めた。

イライラしている人が多くなっているのは確かだけど、もっと仲良くやってよ。

No fight . No war .

I love peace .

平和主義者でいこう!!

2万5210人-2万4808人=402人

夫の妻への暴力だけではなく、妻から夫への暴力も意外や、ある。

「もっと働けクズ!」と殴る蹴るが妻から夫へ

がニュースであった。↓
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090404/crm0904041954025-n1.htm

>Mの男性が増えたのでしょうか?

あ!M?
そういう方も、いらっしゃいますね。
別窓 | 男と女 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「もっと働けクズ!」と殴る蹴るが妻から夫へ(3)
2009-05-03 Sun 12:52
昨年7~9月の3カ月間に東京都の相談窓口「配偶者暴力相談支援センター」、各保健所に、男性からの電話相談が寄せられたという。

この内容を分析したところ、相談件数は56件。

このうち22件(39・3%)が女性から「暴力を受けた」と回答した。

内訳をみると(複数回答)、身体的暴力は16件で、「殴る」が7件で最も多かった。

おいおいおい・・これはもう、犯罪。

次いで「蹴る」(5件)、「ものを投げつける」(5件)と続いた。

いやー、夫をけりつけるプロレスラーのジャガー横田が、日本中に繁殖しつつあるのかなあ?

他にも「凶器を突きつける」「首をしめる」などの回答もあった、というから、凄まじい。

これでは、男も結婚にためらうでしょう。

国が少子化対策で、やっきになっているのは、男女共同参画、晩婚化、非婚化対策。

でも、現実がこれでは、結婚に夢も希望も見出せないでしょう。

ただでさえ、非正規雇用の増加による不安定な生活で、しかも教育費用がかさむとなれば、自分の生活だけでも精一杯なんだから、また何で、結婚して家庭から妻から「もっと働けクズ!」と殴る蹴るを受けなきゃならんの。

夫が妻の奴隷、家庭の奴隷になっていく。

結婚は人生の墓場か・・

☆  ☆

シンデレラストーリーにはトリックがある。

話が結婚式でぷつんと終わってしまう。

まるで人生の最高目標が結婚式の瞬間であるかのようだ。

話はこれで終わるが、人生はそれでは終わらない。

結婚はながい日常であり、妊娠も出産も育児も家事もある。夫や子供、舅や姑もいる。

万事がバラ色でないことは明らかで、結婚と家庭は女性にとって唯一最高の幸福だとお伽噺は宣伝しているが、実際には結婚と家庭が女性にとって最大の不幸であることも稀ではない

(若桑みどり お姫様とジェンダー)
別窓 | 男と女 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「もっと働けクズ!」と殴る蹴るが妻から夫へ(2)
2009-05-02 Sat 12:46
家庭内の夫婦関係は凄まじいと言ったら、すさまじい。

妻であるジャガー横田さんが何かと気に入らなければ、夫にすかさずケリを入れる。

平手打ちに、言葉の暴力で、ご主人を恫喝して、医師である夫はビクビク、コワゴワ、怯えている。

男も色々、女も色々。夫婦も色々。

他人が夫婦の関係に口をはさむこともなかろうが、これも一種の虐待。

放置しておいていいのか・・

配偶者からの暴力「ドメスティック・バイオレンス」(DV)について、東京都が男性からの相談内容を分析したところ、4割が女性から「暴力を受けた」と回答していたとか。

男性でなく女性ですよ。

4割の男性が、女性からドメスティック・バイオレンスを受けていた。

男性ではなく、女性ですよ。

ドメスティック・バイオレンスの相談で、4割が男性からの相談とは・・

なにも夫が妻からドメスティック・バイオレンスを受けていたのは、ジャガー横田さんのご主人だけではなかった。

ン?

まさか、この4割の中に、ジャガー横田さんのご主人がこっそり入っていたということはないだろうか。
別窓 | 男と女 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 満ちると欠ける〈恋と月〉(^ε^)-☆Chu!! | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。